計量器・液体充填機・カラートロニックならクボタ計装



PPS樹脂 エンプラ樹脂 | カラートロニック

クボタ計装HOME > PPS樹脂・エンプラ樹脂

PPS樹脂

ポリフェニレンスルファイド樹脂の略称
ベンゼン環と硫黄原子が交互に結合した単純な直鎖状構造を持つ、結晶性の熱可塑性樹脂に属する合成樹脂。(スーパーエンプラ樹脂に属す)

特徴

■黒褐色・ナチュラル
■高い耐久性を持ち、フィラー充填グレードの荷重たわみ温度は260℃以上(融点285℃)
■強度や剛性が極めて高く、耐摩耗性にも優れている
■耐薬品性に優れる。200℃以下の温度環境でPPSを溶解させる溶剤は存在しない
■流動性が高く、薄肉など成形性に優れている。成形収縮率も低く、精密成形が可能
■成形時の結晶化度が物性に大きく影響するため、樹脂温度や金型温度の設定など成形条件のコントロールには留意が必要

使用例

自動車分野
ICレギュレータ、点火コイルケーシング、フューズケース、燃料ポンプエンペラ、スロットルボディ−、サーモスタット部品、圧力センサー、位置センサー他

クボタ計装の水媒体金型温度調節機(160℃)はPPS樹脂の成形に多くの実績があります。

エンプラ樹脂

エンジニアリングプラスチックの略称
特に強度に優れ、耐熱性のような特定の機能強化してあるプラスチックの一群を指す分類上の名称。

一般的にプラスチックは可塑性に優れ成形加工し易い長所を持つが、汎用プラスチックと呼ばれる従来のプラスチックは熱に弱いため、機構部品素材として用いると、可動部で摩擦熱が発生したり使用環境の温度が高い事で強度不足で破損、精度が保てず寿命が短い等の問題点がある。
エンプラ樹脂は耐熱性が優れているためある程度の高温環境でも強度が維持できる。

使用例

家電製品内部のギヤや軸受け等

クボタ計装の水媒体金型温度調節機(160℃)はエンプラ・スーパーエンプラ樹脂の成形に多くの実績があります。

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 営業拠点

カラートロニック

PAGETOP


クボタ計装は計量機器・システムの販売、設計・施工、メンテナンス等、最適なソリューションをご提案します。