計量器・液体充填機・カラートロニックならクボタ計装



ドライカラー | カラートロニック

クボタ計装HOME > ドライカラー

ドライカラー

ドライカラーとは高濃度(高倍率)の粉末状顔料になります。
わずかな添加量(100〜330倍)でナチュナラル樹脂(バージン材料)を着色することが出来ますので、大量に樹脂を着色する中・大型射出成形や押出成形で多く採用されております。

ペレット状顔料(マスターバッチ)と比較して、
@ 発注から納品までの時間が短い
A わずかな量で多くの着色が可能
B 保管場所が少なくても良い
これらの理由から、最も有効なコストダウンの手段として広く採用されております。

クボタ計装の計量混合装置(容積・重量)は、ドライカラー(高濃度粉末顔料)の微量添加の際に要求される計量精度が優れており、さらに成形機(射出・押出)直上での連続混合方式を採用しているため安定した製品の着色が可能です。

適用製品

射出成形:パレット・コンテナ・工業製品・家電製品等の着色
押出成形:塩ビ(PVC)パイプ・異形押出製品一般・フィルム・シート等の着色
ブロー成形:タンク・ボトル等

  • 資料請求・お問い合わせ
  • 営業拠点

カラートロニック

PAGETOP


クボタ計装は計量機器・システムの販売、設計・施工、メンテナンス等、最適なソリューションをご提案します。